薬剤師の働き方の中で「派遣」と「アルバイト」を比べてみる

薬剤師にはいくつか働き方があります。


正社員、派遣、アルバイトというのが代表的でしょう。


今回は、派遣とアルバイトではどちらがおすすめなのかを紹介したいと思います。

人によってどちらを選ぶかは異なってくる

派遣には派遣の、アルバイトにはアルバイトの良いところがあります。


派遣の働き方の中で特におススメなのは「紹介予定派遣」です。派遣社員として薬剤師として働いている間、職場の雰囲気がどのようなものかをチェックします。


ある一定期間派遣社員として働いたのちに、その職場で正社員になるかどうかを選ぶことができるのです。


いきなりその職場に正社員として入職するわけではなく、ワンクッションおいて、雰囲気を感じることができるため、入職しても離職率が低くなります。


薬剤師の場合、人間関係で転職してしまう人が多いのですが、ワンクッションおき、職場の雰囲気が分かったのちに薬剤師の転職サイトなどを利用し転職することになるため、離職しにくいのです。



アルバイトの場合、非常に短い時間から働くことができます。


そのため、長い時間は働けないけど、少しだけなら時間を空けることができる。その少しの時間も有効活用したいという方にはお勧めです。


例えば1日3時間とか、1週間で2日だけ勤務とか。働き方は非常に柔軟です。

人手が足りないからこそ色々な方法を考える

薬剤師業界は常に人手不足です。なるべく人材を確保したいと考えています。


人材の雇用形態は正社員でも派遣社員でもアルバイトでも、何でも構いません。


これはどの薬局やドラッグストアも同じ事を考えていることでしょう。


ただし、他と同じ求人を出していては人材は集まりません。何とかして自分のところに来てもらうようにするために、破格の条件を提示することがあります。


これにより、時給が優遇されたり、勤務形態が優遇される事態となっています。

私のおススメは「派遣」

これから先、正社員として働くことを考えているのなら、まずは派遣社員として働いてみるのはいかがでしょうか?


先ほども言った通り、紹介予定派遣といった働き方であれば、もしその職場の空気が自分に合わなければ、次の職場を紹介してもらえます。お試し期間が付いているというのは非常にありがたいことです。


実は雇用側にとってもありがたい制度なのです。


もし派遣としてきた薬剤師が、問題を持っている人材であれば、期間が過ぎたところで切ることができるのです。


人手不足の薬局は、来るもの拒まずで採用するケースがあります。しかし採用してみたら、実は問題を持っている人物だったとしても、正社員にしてしまったらなかなか切ることはできません。


このように紹介予定派遣は、雇用者、労働者どちらにも有益な方法と言えるのです。